萩反射炉エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.42816131.4183
最大34.4283131.418495
最小34.42804131.418097

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

萩反射炉は、山口県萩市にある反射炉跡です。
煙突部の遺構が現存しており、国の史跡に指定されています。
日本に現存する近世の反射炉は、この萩反射炉と韮山反射炉のみとなっています。

推定される住所 / Address

山口県萩市椿東4887-3
山口県萩市椿東4889-3
山口県萩市椿東4890-3
山口県萩市椿東4891-3
山口県萩市椿東5055-3

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 前小畑 0.2
2 漁港入口 0.3
3 萩しーまーと 0.4

[34.42816 / 131.4183]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

萩反射炉は、山口県萩市にある反射炉跡である。
煙突部の遺構が現存しており、国の史跡に指定されている。
世界遺産「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつである。
歴史 : アヘン戦争や黒船来航によって海防強化の必要性を感じた長州藩は、西洋式の鉄製大砲を鋳造するためにな金属溶解炉として反射炉の導入を計画した。
1855年7月、反射炉の操業で先行していた佐賀藩に藩士山田宇右衛門らを派遣した。
山田らは鉄製大砲の鋳造法習得を目指していたが、佐賀藩は製砲掛の不在などを理由に拒否した。
そこで翌8月、今度は小沢忠右衛門が改めて佐賀藩に派遣され、長州藩で発明された砲架である「砲架旋風台」の模型を持参で交渉。
反射炉の見学を許可されたため、そのスケッチを作成して持ち帰ることに成功した。
同年11月には村岡伊右衛門が御用掛に命じられた。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO