金堀城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.75052140.069465
最大35.75128140.070705
最小35.74982140.068903

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

金堀城(かなぼりじょう)は千葉県船橋市金堀にあった平山城です。
現在は主郭部の大半が削り取られ消滅したが、北面および東面の空堀、土塁が残っています。

推定される住所 / Address

千葉県船橋市金堀町962-9
千葉県船橋市金堀町933-9
千葉県船橋市金堀町934-9
千葉県船橋市金堀町935-9
千葉県船橋市金堀町958-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 金堀 0.5
2 原宿 0.6
3 高本 0.6

[35.75052 / 140.069465]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

金堀城は千葉県船橋市金堀にあった中世の日本の城である。
構造 : 桑納川と金堀川に挟まれた台地端に占地し、船橋市史に掲載された金堀城跡実測平面図によると、正方形状の主郭と、主郭の西側の長方形の郭の二郭が認められる。
周囲に馬場跡等の地名が残ることから、城域は左記二郭を主郭部としてより広範囲に及んでいたものと考えられる。
内郭については、四周を土塁が回り、南面を除く三方には加えて空堀が設けられていた。
また、西及び北側には横矢掛が、南側には突出した土塁を伴う虎口、東側には土塁を伴う横堀が、それぞれ設けられた厳重な構えとなっていた。
一方の外郭は、南端を除く三方に低い土塁が廻るものの、空堀は設けられていなかったとされる。
このため、西側の区画は郭ではなく、内郭のみの単郭様の城館であったと考える向きもある。
金堀城(千葉県)
金堀城空堀
城郭構造 複郭式平山城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 戦国時代
主な城主 高城氏
廃城年 不明
遺構 堀、土塁
指定文化財 なし
位置 北緯35度45分3.12秒・東経140度4分10.48秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO