国府台城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.74703139.898701
最大35.75146139.90149
最小35.74519139.896255

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

国府台城(こうのだいじょう)は現在の千葉県市川市国府台付近にあった平山城です。
別名は、市河城や鴻之台城とも呼ばれます。
現在、城があったとされると付近は里見公園として整備されています。
また住宅街となっいる部分もあるが堀切や空堀、土塁跡はよく残っており、櫓台の跡も確認できます。

推定される住所 / Address

千葉県市川市国府台三丁目9-9
千葉県市川市国府台三丁目10-9
千葉県市川市国府台三丁目15-9
千葉県市川市国府台二丁目9-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.74703 / 139.898701]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

国府台城は現在の千葉県市川市国府台付近にあった日本の城である。
城名は「市河城」「鴻之台城」とも。
ただし市河城に関しては、国府台城東側の真間山上の弘法寺付近にあったともされ、別の城、あるいは存在時期に鑑みて、元となった城とみる説もある。
太日川と坂川の合流地点に隣接する標高20m~30mほどの河岸段丘上端にあり、南北650mほど東西150mほどの細長い城域で、連郭式の平山城を構えるには適した場所であるといえる。
国府台城(千葉県)
国府台城遠景
別名 市川城、市河城、鴻之台城
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 なし
築城主 太田資忠
築城年 文明11年(1479年)
主な城主 千葉氏、里見氏、北条氏
廃城年 天正18年(1590年)
遺構 堀、土塁、井戸
指定文化財 なし
位置 北緯35度44分53.53秒・東経139度53分53.97秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO