関宿城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.09683139.780297
最大36.09752139.781456
最小36.09593139.779353

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

関宿城(せきやどじょう)は、千葉県野田市関宿三軒家にあった平城です。
千葉県立関宿城博物館に御三階櫓を模した模擬櫓があるが、これは1995年に建てられたもので城跡とは無関係な場所に建てられています。
現在、城があったとされる場所は川改修および圃場整備のために、遺構の保存状態は良くありません。
また、門と大手門と伝わる門が市内に、関宿城の城門と伝わる薬医門が逆井城に移転しています。

推定される住所 / Address

千葉県野田市関宿町230-9
千葉県野田市関宿町233-9
千葉県野田市関宿町234-9
千葉県野田市関宿町235-9
千葉県野田市関宿町239-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 関宿城博物館 0.4
2 江戸町 0.7
3 関宿台町 0.8

[36.09683 / 139.780297]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

関宿城は、千葉県野田市関宿三軒家にあった日本の城である。
室町時代に簗田満助または簗田成助によって築かれたとされ、以降から簗田氏の嫡流の関宿簗田家の居城になったと伝わる。
江戸時代には関宿藩の藩庁が置かれた。
利根川水系等の要地であり、関東の水運を押さえる拠点であった。
戦国時代には関東の中心部における最重要拠点であった。
関東の制圧を目論む北条氏康は「この地を抑えるという事は、一国を獲得する事と同じである」とまで評した。
関宿城(千葉県)
関宿城模擬櫓
城郭構造 平城
天守構造 なし (模擬櫓、層塔型3重3階)
築城主 簗田満助か
築城年 室町時代
主な改修者 松平康元
主な城主 簗田氏、後北条氏、松平氏、小笠原氏、牧野氏、久世氏
廃城年 明治4年(1871年)
遺構 移築城門・御殿
指定文化財 なし
再建造物 模擬櫓(博物館)
位置 北緯36度5分48.34秒・東経139度46分48.61秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO