栗ケ沢城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.82464139.941144
最大35.82571139.943247
最小35.82292139.939642

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

栗ケ沢城(くりがさわじょう)は、現在の千葉県松戸市栗ケ沢字北之内及び同市根木内字殿内、同市小金原にかけてあった城です。
現在は、松戸市立根木内中学校及びユーカリ交通公園を中心とした住宅地となっています。

推定される住所 / Address

千葉県松戸市小金原一丁目25-9
千葉県松戸市小金原一丁目26-9
千葉県松戸市小金原一丁目30-9
千葉県松戸市小金原一丁目29-9
千葉県松戸市小金原一丁目24-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.82464 / 139.941144]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

栗ケ沢城は、現在の千葉県松戸市栗ケ沢字北之内及び同市根木内字殿内、同市小金原にかけてあった日本の城。
室町時代後期から、戦国・安土桃山時代にかけて存在したとされている。
ただし、「本土寺過去帳」には、永享9年に「クリカサワ」において高城四郎右衛門清高という人物が没した事が記されており、15世紀前期には原氏の代官としての高城氏の居館が栗ケ沢にあったとも考えられる。
高城氏の拠点は後に根木内城・小金城に移るが、高城胤則の代には重臣田島時定が栗ヶ沢の城代を務めていたという。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO