磐城平城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本37.06140.888577
最大37.06042140.889401
最小37.05932140.887556

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

磐城平城(いわきたいらじょう)は、陸奥国磐前郡磐城平にあった城です。
福島県いわき市平に位置しています。
別名は龍ヶ城とも呼ばれています。
現在、遺構は、石垣・土塁・水堀が残っています。
一部は丹後沢公園が作られ龍ヶ城美術館されていますが、多くは住宅地となっています。

推定される住所 / Address

福島県いわき市平字旧城跡7-9
福島県いわき市平字旧城跡9-9
福島県いわき市平字旧城跡8-9
福島県いわき市平字旧城跡1-9
福島県いわき市平字旧城跡3-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 いわき駅北口 0.3
2 田町 0.3
3 杉平 0.4

[37.06 / 140.888577]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

磐城平城は、陸奥国磐前郡磐城平に立地した、磐城平藩の藩庁の日本の城である。
別名は龍ヶ城。
鳥居忠政は、都市名を戦国時代までの「飯野平」から、岩城の「いわ」の字を変更して「磐城平」に改めて磐城平藩を樹立し、飯野八幡宮を現在地である八幡小路に移設し、その飯野八幡宮の跡地に磐城平城の建設を命じた。
城は1603年に着工し、12年の歳月を費やして1615年に梯郭式平城を完成させた。
天守は造られず、本丸の三層櫓がその代わりとなった。
その姿は、「磐城名物三階櫓、竜のお堀に浮いて立つ」と詠われた。
また、水戸を徳川頼房の本拠地にさせたのと同じく、磐城平を鳥居忠政の本拠地とさせた主な目的は、仙台を本拠地とする伊達政宗への牽制であった。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO