八丁目城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本37.65251140.47015
最大37.65301140.470934
最小37.65182140.469432

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

八丁目城(はっちょうめじょう)は福島県福島市松川町にあった山城です。
山頂には愛宕神社、八幡神社が祀られています。
現在、遺構は保存状態が良く土塁の跡が確認できます。
麓は土合舘公園として整備されていて、あじさいの名所になっています。

推定される住所 / Address

福島県福島市松川町字土合舘29-9
福島県福島市松川町字土合舘15-9
福島県福島市松川町字土合舘82-9
福島県福島市松川町字土合舘8-9
福島県福島市松川町字土合舘10-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 松川新町 0.5
2 桑原 0.7
3 北芝電機 0.8

[37.65251 / 140.47015]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

八丁目城は福島県福島市松川町にあった戦国時代の城館跡。
現在、山頂には愛宕神社、八幡神社が祀られている。
山城としては保存状態が良く、土塁の跡が多数確認できる。
歴史・沿革 : 名称は安達郡と信夫郡の郡境である境川から八町の距離にあることに由来する。
境川は二本松藩と福島藩、現在では二本松市と福島市の境界でもある。
八丁目城の築城時期及び築城者は定かでないが、天文の乱の頃は堀越興行の居城であった。
伊達稙宗が大森城の支城として設置したと言われており、天文の乱の際に一時期在城した。
元亀元年、時の城主堀越宗範が二本松城主・二本松義国に寝返ったため、八丁目城は二本松領となる。
しかし、天正2年、大森城主・伊達実元が八丁目城を奪い返し、再び伊達領となった。
以後、八丁目城は南の二本松氏に対する押さえの城として伊達氏にとって重要な拠点となった。
天正12年頃に実元が成実に家督を譲って八丁目城へ隠居し、のちに同城で没した。
天正14年に成実が二本松城に移り、片倉景綱が大森城主となった後も八丁目城は成実の所領としてそのまま宛われた。
天正18年の奥州仕置の際、浅野長政が大崎氏領へ向かう途中に八丁目城に滞留している。
八丁目城はこの奥州仕置の際に廃城になったと思われる。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO