新宮城 (陸奥国)(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本37.6222139.834821
最大37.62309139.836452
最小37.62054139.833448

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

新宮城(しんぐうじょう)は福島県喜多方市慶徳町新宮にあった城です。
会津新宮城跡として2009年に国の史跡として指定された。
現在、城跡は田畑となっていて本丸跡とそれを囲む堀跡がわずかに当時の名残を留めている状態です。

推定される住所 / Address

福島県喜多方市慶徳町新宮字舘内274-9
福島県喜多方市慶徳町新宮592-9
福島県喜多方市慶徳町新宮603-9
福島県喜多方市慶徳町新宮593-9
福島県喜多方市慶徳町新宮字前田道南683-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[37.6222 / 139.834821]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

新宮城は、和歌山県新宮市にあった日本の城である。
別名は丹鶴城。
また、沖見城とも称された。
堀内氏時代の「堀内新宮城」と本丸を結ぶケーブルカーを運行していたが、ケーブルカーは1980年に休止し、1990年代に正式廃線となっている。
現状は、民有地時代のケーブルカー跡なども残るが、本丸のほか主な城域が公有地化されて丹鶴城公園となっており、「和歌山県朝日夕陽百選」にも選定されている。
地下には紀勢本線のトンネルが通されている。
また、東側の一部は天理教南海大教会の敷地の一部になっている。
現在、新宮市では天守の再建も視野に入れた整備計画が進行中である。
新宮城(和歌山県)
新たに整備された西側登城路と冠木門
別名 丹鶴城・沖見城
城郭構造 平山城
天守構造 3層5階(非現存)
築城主 浅野忠吉
築城年 1618年(元和4年)
主な改修者 水野重仲(重央)・水野重上
主な城主 浅野氏・水野氏
廃城年 1873年(明治6年)
遺構 天守台・石塁
指定文化財 国の史跡
位置 北緯33度43分47.7秒・東経135度59分32.9秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO