小樽運河 [バス停] [小樽市 / 北海道]エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本43.1974372141.0032895
最大43.197637141.003529
最小43.197237141.003049

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

[38 おたもい線 / 北海道中央バス(株) / 路線バス]
[42 赤岩線 / 北海道中央バス(株) / 路線バス]
[おたる散策バスA: マリンコース / 北海道中央バス(株) / 路線バス]
[おたる散策バス: ろまんコース / 北海道中央バス(株) / 路線バス]

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[43.1974372 / 141.0032895]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

小樽運河は、北海道小樽市にある運河。
日本国内唯一となる海岸の沖合い埋立て方式で造られており、緩やかに湾曲しているのが特徴になっている。
全長1、140mあり、幅は臨港線沿いは20m、北部は当時のままの40mになっている。
1986年に運河の一部を埋立てて幅の半分が道路となって散策路が整備されると小樽市の観光資源になり、周辺地区を含めて観光地へと変貌した。
散策路には63基のガス灯が設置されている。
運河沿いにある石造倉庫群は当時の姿を残しており、夕暮れ時からライトアップしている。
また、運河周辺では『小樽雪あかりの路』『おたる☆浅草橋オールディーズナイト』などのイベントを開催している。
浅草橋と小樽運河 浅草橋観光案内所 歴史 : 小樽運河は、小樽港が取り扱う荷量が多くなったため、沖合いで艀を使った荷揚げから艀が倉庫の近くまで直接行けるために建設した水路である。
戦後になると港に埠頭が整備されて運河は使命を終え、運河周辺の重厚な木造石造りの倉庫群などの歴史的建造物は数多く取り残された。
再生された小樽運河は小樽を代表する観光地になり、運河周辺も民間資本による投資が活発となった。
最終更新:2017年5月23日(火)12:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO