頃藤城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.71505140.38506
最大36.71553140.385962
最小36.71443140.384159

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

頃藤城(ころふじじょう)とは、常陸国久慈郡大子村にあった山城です。
現在の茨城県久慈郡大子町頃藤に位置しています。
別称を小川城と言います。
現在、本丸跡には石祠が立っています。
また、西側に空堀、土塁跡が残っています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.71505 / 140.38506]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

頃藤城とは、常陸国久慈郡大子村のひとつ。
築城は、建治年間といわれ、領主で常陸守護佐竹氏の庶家である小川氏の城という。
別称を小川城ともいう。
佐竹義胤の庶子小川宗義が居城とし家老の神長氏、清水氏が城代を務めた。
その後、上杉氏の子である佐竹義人の入嗣に佐竹氏有力庶家の山入氏が宗家に謀叛した山入の乱により、一時混乱し白河結城氏に同地一帯を奪われたものの、その後、佐竹氏が奪回し、小川氏が再び城主となった。
慶長7年、佐竹氏が関ヶ原の戦いにおいて属した西軍が敗退し、秋田転封となると小川氏も転封に随従し、頃藤城は廃城となった。
頃藤城(茨城県)
別名 小川城
築城主 小川宗義
築城年 建治年間
主な城主 小川氏、白河結城氏
廃城年 慶長7年(1602年)
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO