神岡城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.32957137.302483
最大36.33014137.303127
最小36.32896137.301883

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

神岡城(かみおかじょう)は岐阜県飛騨市にあった山城です。
別名は東町城、冲野城、野尻城と言います。
遺構としては石垣、堀が残っています。
現在は模擬天守と模擬城門が建築され、郷土館、鉱山資料館などが整備されています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.32957 / 137.302483]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

神岡城は岐阜県飛騨市の日本の城。
その後の天正13年の金森長近による飛騨攻略の結果、その家臣・山田小十郎が城代となった。
元和元年に江戸幕府の命令で破却され、遺構は石垣と堀のみが残った。
1970年に神岡鉱山を所有する三井金属鉱業神岡鉱業所の創業100周年記念として、模擬天守と模擬城門が建築されている。
現在は郷土館、鉱山資料館などがある。
神岡城(岐阜県)
神岡城模擬天守
城郭構造 山城
天守構造 なし 独立式望楼型2重3階(昭和45年、1970年木造模擬)
築城主 江馬時盛
築城年 永禄7年(1564)
主な改修者 金森長近
主な城主 江馬時盛、金森氏
廃城年 慶長20年(1615年)
遺構 石垣、堀
最終更新:2017年6月1日(木)13:40 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO