依上城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.78354140.310313
最大36.78372140.310806
最小36.78319140.30968

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

依上城(よりがみじょう)とは、常陸国久慈郡大子村にあった山城です。
茨城県久慈郡大子町に位置しています。
現在は城址のみが残っています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.78354 / 140.310313]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

依上城とは、常陸国久慈郡大子村に築かれた日本の城のひとつである。
歴史・沿革 : 築城時期は不詳だが室町時代といわれ、常陸守護佐竹氏庶流の北酒出氏の分家依上氏の当主依上顕義が築城したとされる。
別称を塙館ともいう。
代々、依上氏の居城であったが、依上義長に実子がなかったため、佐竹氏の庶流山入氏より養子が入り、依上宗義が城主となった。
以降、山入氏の実質的な一族として佐竹氏の家督相続において山入氏が本宗家である佐竹氏に背くと依上氏も山入派として行動した。
殊に山入氏とその一族である依上氏は室町幕府における関東の統治代行者である鎌倉公方ではなく、足利将軍家を直接の主君とする京都扶持衆となっており、鎌倉公方と公方に忠節を尽くす守護佐竹氏とは緊張関係を保つようになっていた。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO