鮭延城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本38.84372140.247602
最大38.84457140.248568
最小38.8431140.246615

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

鮭延城(さけのべじょう)は、山形県最上郡真室川町内町にあった山城です。
別名は真室城と呼ばれています。
現在、本丸跡とされる場所に石碑等が設置されている以外は藪や森林となっています。

推定される住所 / Address

山形県最上郡真室川町大字内町24-10
山形県最上郡真室川町大字内町4-10
山形県最上郡真室川町大字内町28-10
山形県最上郡真室川町大字内町25-10
山形県最上郡真室川町大字内町26-10

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 木の下口 0.2
2 お寺前 0.8
3 新町 0.8

[38.84372 / 140.247602]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

鮭延城は、山形県最上郡真室川町内町にあった日本の城。
形式は山城である。
真室城とも言われていた。
当城の主たる鮭延氏は、現在の山形県戸沢村にあった岩鼻館に居していた佐々木氏といわれている。
小野寺氏の戦国時代の中期頃の最大版図は出羽国中部、今で言う秋田県雄勝一帯、仙北地域南部、山形県最上地域北部あたりであり、さらには秋田県由利地域の由利十二頭などの周辺国人にも影響や脅威をもたらしていた。
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO