小折城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.31032136.875712
最大35.31057136.876044
最小35.31002136.875186

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

小折城(こおりじょう)は、現在の愛知県江南市にあった平城です。
別名は生駒屋敷と言います。
遺構としては旧下屋敷中門が残っています。
また、石碑と説明板が立っています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 北山町 0.8
2 平松不動産 0.8
3 布袋駅 0.9
4 大之瀬橋 1.0
5 西馬場 1.0

[35.31032 / 136.875712]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

小折城は、現在の愛知県江南市に存在した日本の城。
後の岩倉街道などが通る交通の要所であったことから生駒氏は馬借として財を成し、代々織田氏と関わり勢力を拡大するようになった。
最大時には飛騨から東三河にまで商圏を拡大していた。
生駒氏が権力を持ち表舞台に出始めたのは、生駒家宗の娘、吉乃が織田信長の側室となり、長男・織田信忠、次男・織田信雄を産んだ頃である。
この頃に小折城が築かれた。
小折城(愛知県)
廣間家の門(旧下屋敷中門)(2010年11月26日)
別名 生駒屋敷
城郭構造 平城
築城主 生駒家宗
築城年 弘治・永禄年間(1555年-1570年)
主な改修者 生駒家長、織田信雄
主な城主 生駒家長
廃城年 明治4年(1871年)        
遺構 中門、石碑、説明板         
指定文化財 廣間家の門(市指定文化財)
再建造物 なし
位置 北緯35度18分37.1秒・東経136度52分32.4秒
最終更新:2017年7月25日(火)18:09 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO