安祥城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.94559137.09903
最大34.9459137.099451
最小34.94516137.098507

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

安祥城(あんじょうじょう)は、三河国碧海郡安城にあった平山城です。
別名は森城と言います。
現在の愛知県安城市安城町に位置しています。
遺構としては碑・塚・切岸・堀・一部曲輪が残っています。
現在、本丸跡は大乗寺、二の丸跡は八幡社、三の丸跡は大乗寺となっています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 歴史博物館 0.2
2 清水 0.3
3 西尾 0.6
4 上条 0.9

[34.94559 / 137.09903]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

安祥城は、三河国碧海郡安城にあった日本の城。
舌状台地の先端に位置し周囲を森と深田に囲まれていて、その内側に土塁や堀があり、天守を持たない平山城だった。
室町時代中期に築城され、織田氏、今川氏、松平氏との間で激しい戦闘が繰り広げられた。
『岡崎領主古記』に、安祥森城。
三河国二葉松に、安條古城、云城森。
という記載があるが、徳川の同時代史料には、別名の森城なる記載はない。
安祥城(愛知県)
安祥城址
別名 森城
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 和田親平
築城年 永享12年(1480年)
主な城主 松平氏
廃城年 永禄5年(1562年)
再建造物 なし
位置 北緯34度56分44.2秒・東経137度05分56.1秒
最終更新:2017年8月19日(土)11:51 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO