寺部城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.09584137.171608
最大35.09611137.172074
最小35.09544137.170873

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

寺部城(てらべじょう)は、愛知県豊田市寺部町にあった平城です。
豊田市の史跡に指定されています。
遺構としては曲輪、土塁、堀が残っています。
現在、城跡は森公園として整備されています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 豊田北高前 0.4
2 寺部中町 0.4
3 陣中町 0.7
4 高橋町 0.8
5 上野町 0.9

[35.09584 / 137.171608]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

寺部城は、現在の愛知県豊田市寺部町にあった日本の城。
寺部鈴木氏は、寺部城を本拠に高橋庄東部を支配して、同地域に勢力を拡大しようとする松平氏と対立した。
天文2年には岩津城外で、鈴木重教は松平清康と戦うなどしていたが、三河に進出した今川義元に服属。
しかし織田信長が台頭すると織田氏側に付いて離反したため、今川勢に攻められ、永禄元年には鈴木重辰が松平重吉・元信と戦うなど、松平氏との攻防を繰り返した。
重教の子重政は、今川氏に服属するが、桶狭間の戦い以後の今川氏の退潮に伴って没落。
寺部城(愛知県)
寺部城址(2011年4月)
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 鈴木重時
築城年 文明年間
主な城主 鈴木重教、鈴木重政など寺部鈴木氏本多氏、田中吉政、渡辺氏
廃城年 不明
遺構 曲輪、土塁、堀、碑、移築城門
指定文化財 市指定史跡
位置 北緯35度5分45秒・東経137度10分16秒
最終更新:2017年8月28日(月)10:20 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO