山中城(三河国)(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.8969137.226748
最大34.89806137.229881
最小34.89396137.223508

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

山中城(やまなかじょう)は、三河国額田郡山中にあった山城です。
現在の愛知県岡崎市羽栗町に位置しています。
岡崎市の史跡に指定されています。
遺構としては曲輪、土塁、堀切、竪堀が残っています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 羽栗 0.8
2 桑谷 0.8
3 下羽栗 0.9
4 桑谷住宅前 0.9
5 東部支所口 1.2

[34.8969 / 137.226748]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

山中城は、静岡県三島市山中新田にある中世の日本の城で、国の史跡に指定されている。
箱根十城のひとつ。
三島市によって当時を反映した整備改修がなされ、堀や土塁などの遺構は風化を避けるため、盛土による被履の上芝を張って保護し、畝堀や障子堀の構造が明確に把握できるように整備されており北条氏の築城方法を良く知ることのできる城跡となっている。
山中城(静岡県)
障子掘
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 北条氏康
築城年 永禄年間(1558年~1570年)
主な改修者 北条氏政
主な城主 松田氏
廃城年 1590年(天正18年)
遺構 曲輪、堀、土塁
指定文化財 国の史跡
位置 北緯35度9分23.03秒・東経138度59分32.71秒
最終更新:2017年8月28日(月)10:20 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO