月ヶ谷城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本34.80887137.471409
最大34.81148137.475271
最小34.80669137.468061

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

月ヶ谷城(わちがやじょう)とは、愛知県豊橋市嵩山町にあった山城です。
五本松城へ移転するまで三河西郷氏の本城でした。
遺構としては土塁、堀、井戸が残っています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 嵩山中村 0.8
2 自由ヶ丘 0.9
3 藤藪 1.0
4 嵩山市場 1.1
5 二軒屋 1.3

[34.80887 / 137.471409]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

月ヶ谷城とは、戦国時代、愛知県豊橋市嵩山である。
五本松城へ移転するまで、三河西郷氏の本城であった。
歴史 : 大永3年:本坂通を押さえるため、三河国守護代にして三河国岡崎城初代城主の三河西郷氏の流れの西郷信員、正員が築城して一族の本城にする。
永禄4年:正員の後継、当主正勝(第2代江戸幕府将軍徳川秀忠の生母西郷局は当月ヶ谷城を嫡男元正に譲り、当城の北方の山あいの地に五本松城を築城して三河西郷氏の本城を移転。
永禄5年:今川義元が桶狭間の戦いで首級を奪われた後に徳川家康が自立し三河西郷氏も協調したため、今川氏真軍が挙兵。
元正は討ち死にし、落城。
所在地 : 愛知県豊橋市嵩山町字山軍場 。
豊橋市立石巻中学校の東で国道362号の北側の山 。
月ヶ谷城(愛知県)
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 西郷信員・正員
築城年 大永3年(1523年)?
主な城主 西郷氏
廃城年 永禄5年(1562年)
遺構 土塁、堀、井戸
指定文化財 なし
位置 北緯34度48分26.447秒・東経137度28分13.287秒
最終更新:2017年9月11日(月)03:22 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO