福知山城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.29685135.129665
最大35.29727135.130162
最小35.29629135.129079

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

福知山城(ふくちやまじょう)は、京都府福知山市字内記内記一丁目周辺あった平山城です。
別名は横山城、臥龍城、八幡城、福智山城、掻上城と言います。
福知山市の史跡に指定されています。
遺構としては曲輪、石垣、井戸、移築番所・門が残っています。
また、大天守、小天守、釣鐘門が再建されています。
大天守は郷土資料館として整備されています。
続日本100名城の158番にも指定されています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.29685 / 135.129665]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

畿内を押さえた織田信長は、豊臣秀吉と明智光秀に中国攻めを命じた。
豊臣秀吉は山陽道から進軍したのに対して、明智光秀は山陰道側より入った。
丹波国を平定した明智光秀が築城し、女婿の明智秀満を城主とした。
現在は、福知山城公園として整備され、天守は三重三階の大天守と二重二階の小天守が1986年に復元された。
福知山市郷土資料館の施設となっている。
公園入口には隅櫓風城郭建築様式の福知山市佐藤太清記念美術館がある。
福知山城(京都府)
大天守
別名 横山城、臥龍城、八幡城、福智山城、掻上城
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 複合・連結式望楼型(1699年(元禄12年)築)現在:外観復元(1985年(昭和60年)再)
築城主 明智光秀
築城年 1579年(天正7年)
主な改修者 有馬豊氏
主な城主 明智氏、朽木氏
廃城年 1873年(明治6年)
遺構 曲輪、石垣、井戸、移築番所・門
指定文化財 福知山市史跡
再建造物 大・小天守・釣鐘門
位置 北緯35度17分48.5秒・東経135度7分46.8秒
最終更新:2017年10月19日(木)23:56 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO