高山社エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.20342139.031645
最大36.20418139.032454
最小36.20287139.030309

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

高山社あるいは養蚕改良高山社は、高山村(現群馬県藤岡市高山)の養蚕業者高山長五郎が1884年(明治17年)に設立した養蚕業の研究・教育機関です。
高山社は1887年に本部を当時の藤岡町に移転したが、それまで本部となっていたのが長五郎の住宅でありそこが養蚕技術の研究や伝習の場にもなっていました。
その旧宅は高山社跡として国の史跡に指定されており、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産となっています。

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 高山下組 0.2
2 梨木商店前 1.0
3 沢口 1.0
4 高山中組 1.1
5 上新町 1.2

[36.20342 / 139.031645]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

高山社あるいは養蚕改良高山社のことであった。
高山社は巡回教師の派遣と蚕業学校の展開によって、長五郎が確立した養蚕技法「清温育」の普及に大きく貢献し、その養蚕技法が明治中期以降の標準的な育て方になった。
高山社は1887年に本部を当時の藤岡町に移転したが、それまで本部となっていたのが長五郎の住宅であり、そこが養蚕技術の研究や伝習の場にもなっていた。
その旧宅は高山社跡として国の史跡に指定されており、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産となっている。
高山社跡
所在地 群馬県藤岡市高山237
位置 北緯36度12分12秒・東経139度01分54秒
類型 養蚕農家
形式・構造 木造2階建て、瓦葺
敷地面積 8,000平方メートル(世界遺産推薦範囲)
建築年 江戸時代末期から明治時代前半
文化財 史跡(国指定)世界遺産構成資産
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO