津辺城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.61542140.412741
最大35.61652140.413749
最小35.61453140.411839

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

津辺城(つべじょう)は千葉県山武市にあったの平山城です。
現在は三郭の一部が貯水池建築のため削られ破壊されているが主郭部中心に空堀が状態良く残っています。
また、空堀程保存状態は良くないが土塁が一部残っています。

推定される住所 / Address

千葉県山武市津辺836-9
千葉県山武市津辺839-9
千葉県山武市津辺894-9
千葉県山武市津辺895-9
千葉県山武市津辺896-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

# Name Km
1 津辺本村 0.2
2 真行寺 0.4
3 往環橋 0.6
4 島戸 0.8
5 成東駅 0.8

[35.61542 / 140.412741]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

津辺城は千葉県山武市にあった日本の城。
戦国時代末期の津辺城周辺は井田氏の勢力下にあり、天正年間には、白枡和泉守が城主として入ったと伝わる。
構造 : 作田川と境川の間に延びる半島状台地上の、日吉神社脇の侵食谷により独立性の高まる東端部に占地する。
城域内部は主郭部として、東側南北にそれぞれ一郭および二郭、その西側に三郭の計三つの郭が配置されている。
また、一郭、三郭の西方、および、二郭の北方に腰郭が設けられている。
津辺城(千葉県)
遠景
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 戦国時代末か
主な城主 白枡和泉守
廃城年 不明
遺構 土塁、堀
指定文化財 なし
位置 北緯35度36分54.59秒・東経140度24分47.03秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO