成東城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本35.60267140.403514
最大35.60361140.405746
最小35.60176140.40081

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

成東城(なるとうじょう)は、千葉県山武市成東町にあった平山城です。
別名は鳴戸城と言います。
現在は外郭部は宅地として開発されており三郭および二郭外側の堀を含む外郭部の遺構は失われています。
しかし、主郭、二郭、三郭、および腰郭が良く残っており台地西端に設けられていた横堀の一部が残っています。

推定される住所 / Address

千葉県山武市成東2677-9
千葉県山武市成東2680-9
千葉県山武市成東2661-9
千葉県山武市成東2819-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[35.60267 / 140.403514]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

成東城は、千葉県山武市成東町にあった日本の城。
その後成東城は一時廃止されたが、享禄3年、千葉勝胤により再興され、その子胤定が入り、成東八郎を称したと伝わる。
成東城(千葉県)
主郭空堀
別名 鳴戸城
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 印東四郎師常
築城年 応永年間
主な改修者 千葉勝胤、石川康通
主な城主 印東氏、成東氏、石川康通、青山忠成
廃城年 元和6年(1620年)
遺構 空堀、土塁
指定文化財 なし
位置 北緯35度36分15.02秒・東経140度24分19.09秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO