下館城(址)エリアノート GO/ AreaNote GO

タグ / Tags

緯度 経度 / longitude latitude

緯度経度
基本36.31573139.977413
最大36.31611139.978094
最小36.31443139.976828

他のエリアノート

エリアログ(新着順) / AreaLog(sort by new arrival)

# Title Date
- ログは0件です。ログを残してください。
Log is 0. Please write the log.
-

エリア範囲 / Area range

概要 / Summary

下館城(しもだてじょう)は、茨城県筑西市甲にあった城です。
筑西市指定文化財に指定されています。
別名は螺城、法螺貝城と言います。
現在は本丸跡に八幡神社が残っていますが、筑西市立下館小学校および宅地等として開発されており遺構はあまり残っていません。

推定される住所 / Address

茨城県筑西市甲526-9
茨城県筑西市甲531-9
茨城県筑西市甲532-9
茨城県筑西市甲533-9
茨城県筑西市甲534-9

駅のエリアノート

バス停のエリアノート

[36.31573 / 139.977413]付近のツイート

  • 500m圏内
  • 1km圏内
  • 5km圏内
  • 10km圏内

誰でも編集できるフリー百科事典からの要約

下館城は、現在の茨城県筑西市甲。
文明10年、水谷伊勢守勝氏が結城氏広から下館領を与えられ築城したのが、明治維新まで残った城郭の始まり。
以後水谷氏の居城として戦国時代を経て、江戸時代初期の寛永16年に水谷勝隆が備中国成羽藩へ転封。
松平頼重が入封する。
寛永19年の松平頼重転封後は一時天領となるが、井上正岑、黒田直邦などの支配を経て、石川総茂が2万石で入封。
石川氏9代の治世が続き明治維新を迎えて、廃城となった。
下館城(茨城県)
本丸跡
別名 螺城、法螺貝城
築城主 水谷勝氏
築城年 文明10年(1478年)
主な城主 水谷氏、松平頼重、増山氏、黒田氏、石川氏
廃城年 明治2年(1869年)か?
遺構 本丸跡、堀跡
指定文化財 なし
位置 北緯36度18分56.8秒・東経139度58分38.8秒
最終更新:2017年2月18日(土)09:34 wikipedia
エリアノート GO / AreaNote GO